• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

ジブラの生態

ジブーラモNEO


「小物のパイオニア」

みなさまこんばんみ。

どらごんくえすとを誰よりもたのしんでいる男ジブラです。

たとえばこうゆうのはどうでしょう。


ダウンロード (4)


そう、この写真。かの有名なその辺にいた人です。

こっそりと、堂々と、パンチきいた人と写真をとる。

「こらーーーwwwかってに撮ってんじゃないよーwww」と、もしきたならばこうです

「めんごーーーーーー!いっぱーっつ!」


いや、特に意味はないんですが言いたかっただけです。


そう、意味のないことをすることが楽しい時なんてあるんです。
まあ、自分で言うのもなんですが、女性の好みにはうるさいほうでして、ドラクエ10の女性キャラでは、オーガ、ウェディー、エルフ、ドワーフと限られた種族の女子を好む、うむ、ほぼ好きという感じでしてね、プクリポに至ってはぬいぐるみ程度にしか思えない圧倒的男子目線を持つ男の中の男。そう、それがジブラ。ジブラたるゆえん。

ひとたび可愛い子が前を通ればこう。




ダウンロード



見る。

いや、観察です。

え、なにこのおっさんバカなの?と思ったでしょう。そう、バカなんです。

ってか!最近INしてんのにフレンドほとんどINしてないじゃーーーん!暇だからこんなことしてんだよおおおおお!

あーーーーそーーーーーぼーーーー!


かまっておじさんもここまでハッキリ言うとすがすがしいもんでしょう。

だいたい早朝と深夜にINしてます。だからいないんだとは薄々気づいてはいるんです。


イカいけるんです。動画いっぱい見た。
頭の中で200回は倒してる。

でもね、前イカ行ったときね、内緒にしてたけど、必死になりすぎて指つった。

もうね、気づいたらコントローラー持つ腕ごと動かしてたし。やべーーーー!とか言いながら。お前がヤバイわ。





あとね、バザックスあきたの。

なんかいい結晶金策ないかなーと考えたところ・・・・・こいつだ!


a00538-0.jpg


通ドロ サンドフルーツ
レアドロ まじゅうのつの


おいおいおい!見つけちまったよ!これいけんじゃねーの!わっはっは!見えた大富豪!

いきましたよ、何とか火山。

ダウンロード (5)


もうね、ダメ。ぜんぜんダメ。やっぱバザックスね。


でも飽きたから錬金だろやはりと。

ツールで職人の日課のやつほぼやっています。いわゆる大人技にてツボ錬金レベル54の伝説ボーイ。
錬金依頼100%成功の男。錬金依頼回数2回。


まわしましょうと、日曜の朝に久々の顔発見。


ぷっかぷっか系女子のぷっか

フレチャでぷっかと話しながら錬金してたら一回も成功しないデビルボイスの女ぷっか。
ポテトチップスを箸でたべる女ぷっか。
漢字の読みがスライムより弱いぷっか。

あーだこーだ言いながら錬金失敗のゴミを量産しつつ、普段元気な娘ぷっかが去り際に少し見せる哀愁と、持ち金200万Gと自慢するMEを哀れに思いタダでくれた風雲の大盾(錬金ガード率成功品)忘れない。

突然とりひきドラキーがきて、風雲の大盾。
あせって、ごみルフ盾を渡すME。「ゴミwwwwwwwwww」と笑い飛ばす女。
お金持ちの心のゆとりをかいま見た。
まさか思うまい。そのあとバザックスで結晶作ってたときに、あ、ぷっかにあのルフ渡さなかったらよかったと超小物っぷりを炸裂させてたことをな!


盾、ずっと使っていこうと思った。これから先いい盾でたらドレアにして。

ドレアにすんのか~い




ドラゴンクエストXランキングへ



スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 小物レジェンドへの道
  3. / comment:1

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


クリック!でジブラ燃えます!

『スピリッツ』ドラクエ10PV

『想い』

スッパスタ・ラモーレPV『祈り』

スッパスタ・ラモーレPV『原石』

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -