ジブラの生態

ジブーラモNEO


せつな顔

どうも、ジョニーデップ、略してジブラです


さて、話は変わり、男が40手前になると一人でふらっと飲みに行く。

そんなこともあるんではないでしょうか。

20代では友たちと笑い、泣き、肩をたたきあったあの日乾杯長渕剛飲みが主流。

30代では仕事への情熱、考えなんかを語り合い肩をたたきあったあの日乾杯長渕剛のみが主流。

しかし40にもなると哀愁を背中にまといだすお年頃。

今までの人に言えない苦労を越え、背中が語りだす。

たまには一人でしみじみ飲みたいねぇ・・・・と。


ある日ふらりとはじめて入る店、やきとりメインのお店へ。哀愁をまといながら・・・・・

ガラリと扉をあけると、その店の大将らしき人が言う。

「いらっしゃい、あいてるとこどうぞ」と。

一人だとなぜかはわからないがカウンターの端っこに行きたくなる習性がある。

そこに腰をおろすと、目の前には女性が下をむいて洗い物をしていた。

その女性がこちらをみていった。






















せつない顔1

「いらっしゃいませ」と。


まちがえた。写真チョイスまちがえた。伝えたかったのはすごいその女性が切な顔の持ち主だったということ。あるよねえ!笑ってないのにすごい笑ってるみたいな人とか、怒ってないのにきれてんの?ねえ的なひととか!
いやね、その女性たぶんせつなくないと思うんだけどすごい切な顔。わかるかなーっ


その顔を見たとき「負けた」となえか思う。たぶん背負ってきたもののレベルが違うような気がしたからだ。

何もなくてもいきなり「だいじょうぶ?」とか言われてきたんだろうなぁ

だって、「いらっしゃいませ」って言われた時、帰ったほうがいいかなって思ったくらいですから。


心の葛藤が続く中飲み物を聞かれる。

「じゃあ、ビールもらおうかな」








『あいよ』

心の中でビールなんて頼んでごめんとつぶやく。


そんな気持ちも知らずに大将はなに焼きましょうと、そんなにも炭まっかっかにしなくてもいいじゃないあなた汗だくじゃない状態。

まあ、焼き鳥は好きな方なんで軽く盛り合わせから流しとくかぁと、『盛り合わせで』


『あいよ』

ごめんて。盛り合わせなんか頼んでごめんて。



ビールがきて、一人の時間が流れる。ちょいちょい切ない顔で、ビールがからになってないかチェックいれてくる。ごめんて。のむて。

そのせいかビールを飲むペースがはやまる。
酔った。
ドラクエフレンドとラインでもしようかと思いつくが焼き鳥屋にはいってすぐにバッテリーが切れる。








ひまだ。

大将に話しかけようと見ると、まだすごい汗だく。焼き台にはなにものってないのに忙しそうな感じがよくでてる。炭をいじりすぎ

横目でせつない顔の女子をちらっと見る。

目があう。

ごめんて。のむて。

追加で焼き鳥たのもう。会話は諦めよう。

『追加で二本づつお願いします』
『ずり』
『はいよ』
ごめんて。
『はさみ』
『はいよ』
ごめんて。
『たれですか?塩ですか?』
ごめんて。
『たれで。』

あと、ぼんじり

この言葉でなぜか時がとまる。

静けさのなか、しずかに切なそうに彼女はいう。

『ぼんじりは3本からです。』と。

思わず『なんで?』と聞いてしまう。

すると彼女は言う。

『ぼんじりは3本からです。』と。


じゃ、じゃぁ3本でと。

あまりに動揺してたのか手がピースサインになっていた。

『ぼんじりは3本からです』



















あ、はい。



基本、ぼんじりは3本からなんだなと考えさせられた夜でした。


おわり。




スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. リアルも含む
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

クリック!でジブラ燃えます!

『スピリッツ』ドラクエ10PV

『想い』

スッパスタ・ラモーレPV『祈り』

スッパスタ・ラモーレPV『原石』

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -